海外におくやみの言葉を送るのでしたら、KDDIの国際サービスを使うといいですよ| お悔やみ電報の文例・例文のマナー案内 | お悔やみ電報・弔電を作るのは難しい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弔電を打つ時には、NTTのサイトにある文例集を参考にするといいでしょうね

お悔やみ電報・弔電を打つ時には、NTTのサイトにある文例集を参考にするといいですよ。

ここでは、そのことについて説明していきたいと思う。

お悔やみの電報・弔電を打つ時には、注意が必要です。

それはなんだか分かりますか?

気をつける事は、マナーの部分です。

お悔やみの電報には沢山の決まりがあります。

例えば、敬称。

お悔やみの電報には、ご令嬢様 お嬢さま ご息女様 姉上様 ご令姉 お姉様といった言葉使いがありますよね。

こういった敬称は数が多いため、使い分けが難しくなっています。

また、そのほかにも丁寧語 尊敬語といった事にも注意が必要となってきます。

お悔やみの電報をこのようにマナーがたくさんあります。

作るときには、十分に気をつけると良いでしょうね。

なお、お悔やみの電報ですが、NTTのサイトにある文例集を参考にするとカンタンに作ることができます。

これは、すでに文章が出来上がっているので、いくつかの文面を書き直すだけで弔電を完成させることができます。

お悔やみの電報を作る際には、NTTのサイトにある文例集を参考にしてみるといいでしょうね。

ところで、弔電にはさまざまなマナーがある。

例えば、おくやみの電報のあて先・宛先の送り方 お返しのタイミングは。

その他、密葬 神式 カトリック・キリスト教の際は 依頼人の宛名の書き方など色々とある。

こういった事は、とても大事なことです。

お悔やみの電報を法事 葬儀 葬式 冠婚葬祭 告別式 友人の別れ会といった時に出すこともあるでしょう。

そんな時には、上のようなことを守って出しましょうね。


海外におくやみの言葉を送るのでしたら、KDDIの国際サービスを使うといいですよ| お悔やみ電報の文例・例文のマナー案内 | お悔やみ電報・弔電を作るのは難しい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。