| お悔やみ電報の文例・例文のマナー案内 |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お悔やみ電報・弔電を作るのは難しい

お悔やみ電報・弔電を作るのは難しいですよね。

これを作ったことがある人なら、分かるでしょう。

お悔やみ電報には、色々なマナーがある。

そのため、これを作るのは大変です。

例えば、敬称。

お悔やみ電報の敬称には、ご尊父様 お父様 お父上様 父君 ご亡父様 ご先代。

その他、お舅様 お父上様 お父様といった言葉使いがある。

お悔やみ電報を作るときは、これをうまく使い分けないといけないので大変です。

また、忌み言葉も気をつけなければなりません。

たびたび 重ね重ねといった言葉の使い方はタブーとなっています。

このようにお悔やみ電報には色々とマナーがあって、作るのは大変です。

弔電を打つ時には良く注意して作るようにしましょう。

なお、詳しいことはNTTのサイトのほうに載っています。

良かったら、こちらを参考にしてみると良いですよ。

スポンサーサイト

| お悔やみ電報の文例・例文のマナー案内 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。